NOBOUNDARIES

awol.exblog.jp
ブログトップ

徳之島サーフィン大会終了そして・・・ 

大会も無事終わり、サウナにも入って超スッキリしたとこで打ち上げの会場へと移動。  

なんてとこか名前を忘れてしまいましたが、キャンプ場のある場所での打ち上げでした。 

島からの参加者はテントを張って準備万端! ところが・・・ 

いきなりどしゃ降りの大雨・・・ 
c0160825_11432542.jpg
  


なかなか作業が進まない中、お構いなしにBBQスタート! 若手がどんどん焼いていきます。
c0160825_11444463.jpg


c0160825_11451189.jpg


すすむ兄も上機嫌♪ 大会後の懇親会は続く・・・ 
c0160825_11461880.jpg
 

c0160825_11464069.jpg



そしてわんは、木場さんの実家でおじちゃんとおばちゃんが待ってるとの事だったので一足早く打ち上げ会場を後にして、帰り道の途中で平土野(ヘトノ)港で花火大会をやってるみたいだったので行ってみることに・・・  

見事にヘトノは雨が上がっていて、夜店は溢れんばかりの人だかり! 活気があって楽しい♪ 

奄美以外の夏祭りはかなり久しぶりだったのですごく新鮮で面白かった☆ 

祭りの中央のステージでは歌謡ショー♪ 
c0160825_11513711.jpg
  

そして花火はマジで凄い!!  奄美ではなかなか見れないナイアガラ! 
c0160825_11524511.jpg


時間は短かったけど豪快に連発で打ち上げるのでかなり凄い! 超綺麗な花火でした☆
c0160825_11535810.jpg
  


伊仙町犬田布の木場家に戻り、 
c0160825_11582527.jpg
  

夜ももう遅い時間でしたが、待っていてくれた木場さんのお父さん、お母さんと今日の反省会。

おじちゃんはとても大会が面白かったとご機嫌でたくさんおしゃべり出来ました☆ 

おばちゃんは料理をいろいろ出してくれたり、こばさんの昔の話をして大笑いしたりほんとに優しくてとても温かくて素晴らしい家族でした。 ホントにありがとうございました~!!  

そして次の日の朝、起きてみると外は暴風雨・・・ なんと沖縄あたりで台風が発生してどんどんこっちに向かってきてる・・・ え? ヤバい・・・これ帰れるか? 

と気になって2階の寝室から降りると、すでに木場さんがいろいろと動いていて帰りの船や荷物の手配までバシバシやってくれていました。  

ひと通り奄美に帰るみんなにも連絡して、船が着く港が変更になるかもしれないというので早めに港へ移動。  

その途中。 そうそう徳之島と言えば"闘牛"!!  

闘牛が盛んなことで有名でもあります。 
普通に道路を闘牛がトレーニングがてら歩いている姿は奄美にはないでの思わず「すげーっ!」と叫んでしまいました。
c0160825_12163538.jpg
 

暑い日には海にも連れて行ったりするそうです。 
大会前日に入ったポイント"S"にも来てました! 1トン近くある筋骨隆々の牛はさすがにすんごい迫力あります! 
c0160825_12183259.jpg


牛自体をじっくりと近くで見たことはなかったのでせっかくなら見てみたいなぁ・・・と思ってたら、木場さんが連れてってくれたのが・・・


な、なんじゃこれは!! す、す、凄すぎる・・・
c0160825_1210181.jpg

 
c0160825_12105089.jpg
 

c0160825_12111151.jpg
  

伝説の横綱を祭る神社。まさに神のような存在にまでなる牛が居るんですね~☆ 
徳之島の文化は奄美とはまた違った独特かつ強烈なものがあります!
c0160825_12211740.jpg
  

その神社の道路向かいには牛舎があり、お願いして本物の闘牛を見せて貰うことに。 

近くで見るとやっぱでけーっ!!横に廻って触ろうとしたこばさんはこの牛に完全に睨まれてました☆ この大きさで暴れまわるんだから手の着けようがなくなるのは必死!!  
c0160825_12313958.jpg
 
c0160825_12315526.jpg
  


こちらはもう引退した左右の角の大きさが違う伝説の横綱なんだそうです。 
数々の激闘を制してきたという牛で、人生の宿命である戦いを全うしたその目はとても優しい目をしていました。お疲れ様でした・・・
c0160825_12321359.jpg
  

闘牛の大会が近くなると角を研ぐらしいのですが、牛もそれで出番が近いのが解るらしくスイッチが入るんだそうです。 完全に目つきが変わるそうです。 お世話してた方が闘牛の試合の事を"喧嘩"と言ってた意味がよく理解出来ました・・・  

興味のある方は詳しい事はネットで調べてください! ここでは書けません闘牛の世界には様々な姿があることに気づくはずです。 やっぱ徳之島ははぐぇー!! オモロい(笑) 

そして港に着くと沖から台風のおおきなうねりと共に奄美行の船が入港。 

これ大丈夫か?というほど揺れてましたがなんとか乗り込み何もかもが新鮮で衝撃的だった徳之島を後にした・・・  

伊仙町から遠いのにわざわざこばさんのお父さんお母さんが見送りに来てくれて、船に乗り込むまでずっと手を振っていてくれたので久しぶりにちょっとセンチメンタルな気分になってきてました。(T_T)・・・

船が出るまで見送ってるだろうと、乗船して荷物を置きすぐさま甲板に行って「ありがとうね~!」と涙ながらに叫ぶともりで走っていくと、車に乗って「ブ~ン☆」とそそくさと帰っていくおじちゃんの車の姿に違う涙が・・・  

でもホントにお世話になりました!素晴らしい時間をありがとうございました~!!   


帰りの船の中は先輩方みんなグッタリ・・・  
c0160825_1394361.jpg


若手も初めははしゃいでましたが次第に寝静まる・・・ 
c0160825_13104475.jpg
 

奥の方でアホずらが寝てます・・・ コレが波に乗らせたら凄いのが不思議だねぇ・・・ 
c0160825_13115854.jpg
  

奄美までの3時間の船旅も出港すると南うねりに乗って走ったのかまったく揺れず快適に過ごせました☆  


あらら、やっぱり兄弟仲良しだねぇ!! 寝ながら手とか繋いじゃって♪ 
c0160825_1314123.jpg
  

この濱崎兄弟も今年のサーフィンの全日本大会に向けて奄美から出発します☆ 

このブログをご覧になられて、もし全日本の会場に行かれる方が居ましたら、是非会場で濱崎兄弟に声を掛けてガッツリ応援してくださいね~! 宜しくお願い致します_(._.)_♪   


そして奄美に着くと奄美も台風の影響で大雨・・・  

それぞれ港で解散し、次の日の台風の波に備えるのありました・・・  おしまい☆   


いかがでしたでしょうか? 徳之島の魅力たっぷりのどんどん祭りサーフィン大会のレポートは以上です。 
来年もまたノーバンダリーズにて参加者を募って是非とも参加したいと思ってますので奄美の皆さんもトリップを兼ねてこのシンプルかつ素晴らしい徳之島の大会に行きましょう! 

そのうち交流しながら、奄美での大会が開催される時には島外やあちこちから奄美のサーフィン大会へどんどん来て欲しいと思います! 

徳之島の昔から変わらない手作りのシンプルな大会はホントとても島のコンテストらしい姿でとても良かったです。

このスタイルを参考にして、是非ともこの奄美大島でもこんな感じのコンテストが開催できるようノーバンダリーズも頑張っていこうととて良い刺激になりました!  

今回の旅は全体を通じて得るものが大きく、そして改めて奄美大島のサーフシーンのあり方にアンチテーゼを投げかけるきっかけになりそうです。 

もっとシンプルに! みんなが団結すれば楽しむことが出来るはず・・・ 

大会って楽しいイベントなんですね。ホントにそう思います。大会を重ねることでレベルアップと底上げは必然! 
 
いつか必ず新しいスタイルの奄美大島でのサーフィン大会を開催できるよう頑張ります! 

  
奄美から参加されたみなさんお疲れさまでした~!
そして今回の旅に関わったたくさんの方々に心から感謝いたします。 本当にありがとうございました~!  



c0160825_13353640.jpg
  
[PR]
by noboundaries | 2010-08-22 11:55 | 今日の出来事